鍵のトラブルが発生した時、してはいけない事

鍵の故障やトラブルが起こってしまった時、正しい解決の方法を取らないと後々大変な事に繋がってしまう場合があります。
ここではやってはいけない鍵のトラブル解決法をご紹介します。

回らない・抜けない鍵を強引に回す・抜くと…

鍵を鍵穴に差しこんだ時、挿しこみにくい・回りにくい・さした後中々抜けないなど動作に違和感があった時、強引に使用すると折れてしまう危険性があります。
鍵が折れてしまうとそのまま鍵穴の中に残ってしまったり、鍵穴の内部が損傷したりする恐れがあります。

挿しこみにくい時

鍵穴へ鍵を挿入する際、小さな違和感があったり、がたつきなどがあって差し込みにくいと感じたら、油を挿す人もいるかもしれません。
しかし、油は鍵専用の油でないと一層自体が悪化する、という事を知っておかないといけません。
一般的な食用油を使用すると、鍵穴内でたまっていたゴミが固まって状態を悪化させることになります。
また、オイルや市販の潤滑剤の使用も事態を悪化させることに繋がります。
これらに含まれている油分、シリコンオイル、アルコールなどは、食用油同様に中の不純物を固めてしまったり、サビの原因となります。また製品によっては故障してしまうものもあるので、使用には十分気を付けなければなりません。