正しい鍵の手入れ法

普段感じている小さな鍵の故障や違和感を解決する方法として、鍵屋さんを呼ばずとも自分で手軽に行うことができる方法もいくつかありますのでご紹介します。

歯ブラシで掃除

鍵が回らない、抜けないというときはブレード部分の溝や凹凸箇所を歯ブラシで丁寧にブラッシングを行います。
やわらかくコンパクトな歯ブラシの毛は小さな鍵にある溝や凹凸の中に溜まったホコリやゴミをかき出すのに最適です。特に表面に凹凸の多い防犯性の高い鍵は、こまめにブラッシングを行うことでトラブルを回避する事ができるでしょう。

鉛筆の芯を使う

実は鉛筆の芯には鍵穴の中に使用されている潤滑油と同じ成分の黒鉛が含まれているため、鍵用潤滑剤の代用として使用する事ができます。鉛筆にはアルコールやシリコンなど鍵に悪影響を及ぼす成分が含まれていないため、安心して使用する事が可能です。 使い方も鍵のくぼみや表面を鉛筆で塗りつぶし、軽く抜き差しするだけなのでとても簡単です。

掃除機を使う

鍵穴の掃除は掃除機の使用が一番効果的でしょう。 掃除機を使用する事によって鍵穴のゴミを吸い取ることができます。 掃除機の口を鍵穴に押し付け、左右に振ると取れやすいです。また、パソコン掃除用品であるエアダスターの使用も良いです。