鍵の調子が悪化した時は

鍵の調子が悪く、自分なりに対処した結果、より一層使用に難が出てしまった、故障してしまったという状況になった時はどうするべきでしょう。
まず一つ目に考えられるのは、鍵の専門業者である鍵屋をよぶことが確実な解決方法でしょう。お手入れや掃除だけでは根本的な原因を取り除くことは難しいので、やはりプロに頼んでしまうのがベストかもしれません。

鍵穴内の錠前のトラブルの場合

まちがってシリンダー内部に食用油、サラダオイルなどを注入してしまったら、逆に鍵が回りにくくなったり、挿しこみづらくなります。
こういった場合は錠前を扉からはずし、分解洗浄します。
プロの鍵屋によるものですので素人には取り除けない汚れもきれいに落とします。

鍵の交換

鍵の状態を見たとき、状態が非常に悪く修復不可、または修理しても再発のおそれがある場合は鍵交換を行います。

鍵に原因がある

経年劣化や使用時の不注意によって鍵の形状や状態が悪化した時も抜き差しなど使用困難な状態といえます。
こういった場合は新しく鍵を作成し、解決する事ができます。
鍵の作成はスペアとなるマスターキーからする場合、紛失してしまった場合など手元にない場合は鍵穴から作成することも可能です。