鍵の調子が悪い時は

鍵を普段使用している時、たまに引っ掛かり、挿しこみにくい事など、違和感を覚えたことはありませんか?
そのまま放っておくと故障の原因となり、急に鍵を開けることができなくなったり、鍵交換しなければならなくなります。 そこで鍵の使用に関する注意点やトラブルの原因、解決法などを紹介していきたいと思います。

鍵の調子が悪い原因とは

鍵の調子が悪い原因で多いものは、3つ挙げることができます。

まず一つが、鍵そのものにゴミが付着していることです。
鍵を持ち歩くとき、大抵の人は上着やズボンのポケットに入れているのではないでしょうか。そうしていると、衣服の繊維やゴミが鍵のブレード部分の溝や凹凸に入り込んでしまうおそれがあります。ゴミが付着した鍵をそのまま使い続けると、鍵穴の中にゴミが張り込んで鍵が回しづらくなったり、挿しこみにくくなります。

次に挙げられるのが、経年劣化によるものです。

元々鍵穴には専用の潤滑油が入れられているのですが、年を重ねるにつれ、この潤滑油が減ることによって鍵のすべりが悪くなり、スムーズに抜き差しすることができなくなります。

そして、一番多いと思われるのが、ゴミの詰まりではないでしょうか。 鍵穴も定期的に掃除を行わなければ、ホコリや砂などの異物が蓄積していく場合があります。錠前内にこれらの不純物がたまると鍵の噛み合わせが悪くなり、挿しこみにくくなったり、抜きづらくなります。